私の肌での、コンプレックスはそばかすです。

幼いころからそれを揶揄われることもあり、また家族で一人だけというのも重なりマスクは手放せない存在でした。

整形手術をするにしても、そこまでの資金はありません。

大学生になってから、姉のアドバイスをもらったり、youtubeを見様見真似で化粧をし始めました。

そばかすが化粧でカバーできた時の感動は、大げさかもしれませんが忘れません。

http://olivverthekid.com/

今でも、“そばかす”という言葉には抵抗があり、好きに離れませんが以前よりは気持ちは楽になりました。

海外ではそばかすはお洒落と捉えられていて、Disneyのプリンセス達にもそばかすがあります。

また、元々肌の綺麗な芸能人達が化粧でわざとそばかすを書いたり、憧れると言っているのを聞いて、そこまで悪くないのかなと思い始めました。

薄化粧が良いとされる風潮がある中、そばかすをカバーすることに重点を置いて圧化粧で、すっぴんとの肌の違いが自分でも嫌でした。

今でも厚化粧をしますが、薄化粧にも挑戦し始めました。

意外にも薄化粧のほうが、友達受けがよかったのが驚きです。確かに、圧化粧だと色々と重ねているのでよれるのが早かったり、作り物っぽい肌になっているのはわかっていたのですが、そばかすが隠せるならと気にしていなかったですし、作り物っぽさが寧ろ気にいっていました。

ですが、肌への負担や自分と向き合いためにも、ほんのりカバーしつつも、自分の個性を残せるような化粧をもっと学びたいです。

そばかすがある自分でも気にしないように、いつかなれればいいなと思います。