日々、私たちは夜になると睡眠をします。この睡眠がどのようにストレス解消につながるのか、良質な睡眠のとり方などについて解説していきます。
そもそも、私たちが日常生活を送る上で寝るという行為をしなければいけないのか? 

それは、寝ている間に体内の炎症や細胞の修復などを行い、体のメンテンナンスをしているからです。その他にも、メンタル面でもいい影響が分かっています。

そのため、少なくても7~8時間の睡眠はとったほうがいいことがわかります。そうはいっても、夜遅くまでスマホをいじったりして寝るのが遅くなってしまいますよね。

ここからは、良質な睡眠をとるために重要なポイントを二つに分けて解説していきます。

CBDMAXを辛口評価!3ヶ月使用した効果と口コミを暴露します!

一つ目は、「寝る2時間前にはスマホ、テレビ、パソコンを使わない」です。
最近では、一般的に知られていますが、寝る前に電子機器から発せられるブルーライトを浴びると寝つきが悪くなっていしまいます。ブルーライトを浴びると脳が活発に活性化してしまうためだといわれています。
寝る前に電子機器を使わない方法は、テレビなら電源を切る、パソコン・スマホは寝室に持ち込まないといった対策が有効です。どんなに寝る前に電子機器を使わないと決意しても、そこにあったら誘惑に負けやすいのが人間です。ですから誘惑の元をそばに置かないというのが得策です。今日から試してみてください。

二つ目は、「夜8時以降は食事をとらない」です。
寝る前の食事は、良質な睡眠を妨げます。理由としては胃の中の食べ物を消化するのに体力を使い、脳に血液が回らなくなるためであります。そこでとるべき対策としては、夜どうしてもお腹がすいたら消化がスムーズな食べ物を食べるようにしてください。例として、バナナ・ヨーグルト・味噌汁・豆腐etc…… これらは消化にも良く、血糖値が上がりにくいためおすすめです。また、水を飲んで空腹感を紛らわすというのも非常に有効な対策といえます。

~さいごに~
睡眠は健康的な生活を送る上で非常に大きな役割があります。睡眠をおろそかにすると様々な健康被害が起きやすくなってきます。少しでも、睡眠の質を上げたいと思っている方は今回紹介した対策を行って自身の健康に役立ててください。どれも簡単です。