やはり寄る年波にはかないません。

どんなに高いスキンケア化粧品を使っても、一年間エステに通っても、重力にはかないません。

ピンと皮膚が張っていた十代の頃。

薄化粧でも肌がきれいだった二十代。

子育てに追われ肌の手入れが多少疎かになっても、私はまだまだいけると高をくくっていた三十代。

子どもにも手がかからなくなり、それでも素顔でいることに自信を持っていた四十代。

私もそろそろ年なのね、と思いながら人に「若いわねえ。」と言われて単純に喜んでいた五十代。

そんな月日を重ねているうちにアッという間に六十代。

気が付けばシミやたるみのオンパレード。

シロジャム(Sirojam)の最安値通販は?購入して3ヶ月間使った効果と私の口コミを辛口評価でお届け!

おまけにマリオネット線までクッキリハッキリと。いったいどうすりゃいいのよ。

あわててネットででチョット高めの化粧品を購入してみる。

さらにエステに通ってみる。

綺麗になるにはなるけれど、行くたびに高級化粧品を買う羽目に。

結局はエステを辞めて今では普通の値段の化粧品で間に合わせ。

でもこれが実にいい。 たっぷり使えるしお金もかからない。

でもシミやたるみ、マリオネット線だけはどうしても重力に負けてしまう。

同じ年代の女性芸能人はいったいどんなスキンケアをしているんだろう。

六十代以上のスキンケア商品がなかなかないのよね。

六十代以上のスキンケア商品の開発と情報をもっとテレビでもネットでも発信してくれないかな。