筋肉トレーニングをする上で、ただむやみに負荷をかけた筋肉トレーニングと知識を持ち理解し計画的に行う筋肉トレーニングとでは雲泥の差が出てきます。

http://www.s-nishiki.jp/

筋肉トレーニングを考えたのなら男性、女性問わず「こんな体になりたい」と理想を描いたりするでしょう。

例えば男性ならば太い腕・広い背中・割れた腹筋などが代表例です。

女性ならば締まったお尻・スリムなお腹・弛んでいない二の腕などでしょうか。

筋肉トレーニングと食事方法には密接な関係があり、筋肉トレーニングで筋肉量を増やし代謝を上げる事は間違いありません。

しかし過度な筋肉トレーニングや過度な食事を減らす行為は間違った方法で、やっている・続けているわりにはなかなか理想には近づけていない状態になります。

筋肉トレーニングは筋肉に負荷を掛け筋肉を壊し修復を繰り返す事で筋肉量が増えていきます。

つまり筋肉には修復させる時間が必要で、正しい知識を理解した筋肉トレーニングとむやみに毎日筋肉トレーニングを行うような方法では筋肉の増加量に差が出てくる訳です。

同じトレーニングでも正しいフォームと間違ったフォームでも筋肉に刺激を与えられる量も変わります。

また食事方法もただ食べる量を減らせば良いとは限らず、食事内容の見直しから筋肉修復には欠かせない栄養素などを知り理解する事によって今までとは違う早いペースで体型に変化が出てきます。

根性論だけで筋肉トレーニングを繰り返しても目的としている理想的な体型を手に入れるのは長く辛いトレーニングを続けているだけで、賢い方法とは決して言えません。