キャッシングをはじめたきっかけ

不況のあおりを受け急激に給与が下がり始めました。

赤字にならないようにと頑張ってはいましたが、急激に生活水準を落とすことはなかなか難しく、子供たちの教育費用なども重なり、貯蓄を切り崩すことに。

プロミス少額融資で借りちゃいました!申し込み方法のオススメはある?

それまで十分な給与額をもらってはいましたが、貯蓄は決して多くはありません。

次第に貯蓄を切り崩すだけでは、足りなくなりました。

かといって妻に毎月赤字だとは言いだせず、また親や兄弟にお金を工面してもらうこともできません。

悩みに悩んだ挙句に、キャッシングをしようとしました。

そのころの私は貯蓄を切り崩してもどうしても赤字になってしまうので、何とかしなければならないと常に考えていました。

妻に働いてもらうことも考えましたが、まだ子供も小さく、まとまった時間が取れないので外に働きに出ることは難しい。

また、近くに両親が住んでいるわけではないし、子供を見てもらうわけにもいきません。

キャッシングローンを利用したい時は本人確認も必要です

消費者金融を利用してキャッシングローンのサービスを使いたい時は即日融資もしてくれるため、その日のうちにお金を借りることもできたりするので便利なポイントがありますが、審査とか本人確認とかも必要となるのでまずは審査を受けつつ本人確認も受けないといけないため、段階をふんでいく形となっています。

http://okanecompass.net/promise/

お金を借りる際は消費者金融が展開している施設へ足を運び無人契約機とかを使って審査の手続きと本人確認の手続きをしないといけないため、そこがまず第1段階であり、それが済んだら第2段階として消費者金融のサポートセンターに問い合わせを行い審査や本人確認をはやめてもらうようにお願いすることであります。審査などの結果が出て無事に通過したら第3段階として借りるお金とかを細かく入力して引き出す形となっています。

最終段階としては決まった一定額を毎月しっかりと決まった日に返済していくことであります。

70歳以上の年金生活者が利用できるカードローン

銀行カードローンなら、年金のみで生活している方でも契約できるところはあります。ただしほとんどの銀行で、65歳位から69歳までが契約できる上限の年齢となっています。

プロミスのアプリローン

そんな状況の中で北海道銀行のラピッドなら、申し込み年齢が満20歳から75歳までとなっており、年金生活者でも申し込み可能です。その証拠に公式サイトには、年金という申し込み先が設けられています。

正直75歳で申し込んでも審査に通るかどうかは分かりませんが、75歳まで申し込めるカードローンはなかなか希有なものです。しかもラピッドは、75歳を超えても借入が可能というメリットがあります。たいていカードローンは上限年齢に達した時に借入不可能となるので、この点も希有な存在です。